「知識を深めることを大切に、患者さんの身近な相談相手になる」


4年間、他県で病院薬剤師をしていましたが、実家のある湘南に戻り、職場を探していました。薬局は専門性に欠けるイメージがあるなかで、知識のある薬剤師がいるところで働きたいと探していたときにインターハートに出会いました。社長が現役で服薬指導にあたり、薬局の外で活動する薬剤師もいて、学ぶ姿勢が強 いこの会社なら間違いないと思いました。

稲垣ファーマシーに勤務し、外来調剤に携わりながら在宅の患者さんも担当するようになりました。それまで介護とまったく関わりがなかったので、社長に相談 してケアマネージャーの勉強をすることで知識をつけ、資格も取りました。介護保険などの仕組みを知ったことで、患者さんの問い合わせに答えやすくなりました。在宅に伺った際には患者さんの家族構成を知り、状態を把握し、病院で得たスキルとして検査値も見て、服薬指導をするだけでなく、医師に処方の変更を提 案することは、外来ではなかなか経験できないことです。稲垣ファーマシーは、患者さんからの質問がとても多く、インターハートが1号店として開業したときから、頼れる町の健康相談所のような役割を果たしてきたことが感じられました。薬だけでなく栄養や民間療法など、広い範囲の知識が必要となり、学ぶことは たくさんあります。市販薬の勉強会をしたり、健康食品の知識を深め、患者さんの様々な相談にお応えすることを、薬局全体で目指しています。

あやみ薬局、まなみ薬局に手伝いに入ったときは、私の経験のない診療科の処方意図を先輩方が親切に教えてくれたり、門前の病院で内視鏡を見る機会を設けて くれるなど、会社として知識を深めようという姿勢は誇れるところです。私が仕事をするうえで心掛けていることは、患者さんの顔と名前を覚えること。話した 内容も覚えておいて、次にお話をさせていただくと、たいへん喜ばれます。患者さんと話す機会が増え、内容が濃くなると、治療により深く関わることができま す。薬剤師も患者さんに顔と名前覚えていただけることがとても嬉しいですね。
<関根さよこさん>


HOME > 採用情報 > 関根さよこ

スクリーンショット 2013-11-11 11.55.13.jpg

関根さよこ/2010年入社
薬剤師
ケアマネージャー