「薬剤師として学び続け、地域のみなさまとの信頼を育んでいく」

在宅医療に興味があり、調剤薬局かドラッグストアへの就職を希望していました。インターハートは、地元の藤沢から通いやすく、社長が現役の薬剤師なので勉 強させてもらえそうな雰囲気を感じて入社しました。勤務先のまなみ薬局は、湘南モノレールの江ノ島駅前にあり、門前の皮膚科と内科のほか、東京方面の病院 の処方せんを面で受けているので、幅広い知識を得ることができます。

研修は店舗で薬学実習の1期分を使って、薬局長に内規、服薬指導、監査などを一通り教えていただきました。また、会社として処方医に病態や処方の考え方を 聞ける勉強会を定期的に開催していたりと、地域に密着しながら、視野を広く持てる恵まれた環境にあると思います。在宅の患者さんを受け持っている先輩に は、ご自宅や介護施設での服薬指導に同行させていただきました。実際に患者さんの生活を見られるからこそ、薬剤師が支援できることがたくさんあるとを学び ました。たとえば、大学の授業でも残薬確認をすると習いましたが、確認することが仕事ではなく、飲まれていない根本的な理由を調べることが大事だというこ とも感じました。

患者さんとの距離の近さが、当社で働くやりがいです。薬の話だけでなく、ご家族や旅行のお話も楽しく聞かせていただいています。病院に行くほどでなくても 不安に感じたときに、気軽にご相談いただける薬剤師になりたいですね。先輩方が患者さんに名前で呼んでいただき、頼られているのを見て、自分も頑張ろうと 思います。入社後の6カ月は正確な調剤をテーマにしてきましたので、次はスピードを上げていくことが目標。将来的には、在宅に携わり、介護用品、OTC、 食生活など、薬はもちろん、生活全般を見れるように学んでいきたいですね。オンとオフのメリハリがあり、仕事後に勉強する時間が取れるので、ケアマネー ジャー資格の勉強もしていきますが、遊びも充実させて、患者さんとのコミュニケーションを深めていきたいです。
<相川裕季さん>

HOME > 採用情報 > 相川裕季

スクリーンショット 2013-11-11 11.55.06.jpg
相川裕季 2013年新卒入社
薬剤師